映像の師匠 Tei Kawasaki

その分野のプロの下で修行すれば本やネットよりはるかに多くのことを学ぶことができると思っていて

僕はよく「この人だ!」って直感的に思った人のもとで長期間一緒に生活させてもらうようにしてる

ということで、これまでの師匠を一人一人紹介していく記事を書いていくことにした


 

まず1人目は河崎 呈(かわさき てい)さん

以下ていさん

 

多分初めて出会ったのは2017年の8月くらい

たまたまていさんが動画講座をやっていたのでそれに参加したのが始まり

 

それからS-DREAM(ていさんの事務所)に足を運んだとき

ていさんはこんなことを言っていた

「遼太郎が留学行ってる間、イギリスに絶対行くから!」

 

当時はまぁさすがに来ないだろと思っていたが

それから6ヶ月が経ち、

ていさんはほんとにイギリスに来た()


 

Spreading loveのコンセプトをベースにした映像をヨーロッパで撮影するということで

2月からまるまる1ヶ月間で7カ国を周り

最後にたどり着いたのが僕が現在住んでる英国リーズってわけだ

 

半年前の時点でここまでプランしてたと考えると

本気度が半端ないし

1ヶ月間仕事から離れるわけだから、

その穴埋めの努力はきっとえぐい (実際にえぐかったらしい)

 

それでもやりたいと思ったことに対して命削って実費で

有言実行しちゃう

それがていさんっていう人

 

当然そんな男気を見せられたら、そりゃこっちだって応えたいと思うし

ていさんはそうやって仲間を集めてきたに違いない

 

ていさんは『火を灯す』ように人を巻き込みたいと言ってたけど

僕はその表現が結構好き

 

「火をつける」じゃなくて「火を灯す」

ポッと灯された火は、また別の火を灯し、そしてまた次へと

無理やりつけた火なんてすぐに消えてしまう

人の巻き込み方の勉強になりました

 

ていさんは映像作品を作る上で、

出来上がったものより

その過程で生まれる『人との出会い』『その土地そのもの』をすごく大切にしてる

 
だからていさんの作品に出てくる場所は地元の人しか分からないことも少なくない
でもそれでいいと僕は思う
 
よくある観光地なんてネットで検索したり
インスタグラムで検索すればだいたい出てくる
 
そんなんじゃなくて
もっとニッチなところを切り抜いていくのが面白い
 

『結果』より『プロセス』をより重視するていさんは

自分が撮りたいものを撮るのではなく

出演するみんなが撮りたいものを撮る

 

実際に撮影を協力した時に思ったのは

撮るたびに出演者に「どう思う?」って聞いていたし

 

出演者が「こうしたら?」と提案したら否定することなく、

「それいいね」って言って実際に採用しちゃったりもする


 

まさに作り手を増やしていた

『作り手の数』が増えれば単純に『見る人の数』が増える

だって自分が関わった作品は誰かに見せたくなっちゃうものだから

 

以前、僕がブログに書いた「思い出論」をふと思い出した

旅の思い出をまず『人』においた方がいいのに

『モノ』が先行してしまっている気がする、という内容

 

ていさんが作る作品はまさに僕の理想そのものだった

 

その土地(撮影地)での『人との出会い』にフォーカスし

それを最終的に映像作品という『モノ』にすることで

思い出がより一層深くなる

 

全然答えが出なかったのに

ていさんのおかげで答えが一つ見つかりました

 

ていさんは「これから世界を相手にしていく」と言っている

僕もそれについていこうと思う

 

理由は二つ

  • どうなるか先が見えないけど面白そうだから
  • ていさんは常に『死』を意識しながら行動しているから

 
『死』を意識しながら生きるのって個人的に結構大事だと思ってる
 
何か大きな決断をするときにはいつも
「これ死ぬ前に後悔することなんかなぁ」って一回考えるようにしてる
死ぬ寸前に「あれやっときゃよかった」なんて後悔はしたくない
 
そもそも明日がちゃんとやってくるかも分からない
 

未来がどうなるかなんて誰にも分からないけど

分かることといえば最期は人間は死ぬわけであって

 

その死ぬまでの間を

他人の人生ではなく自分の人生を生き

どうやって楽しんでいくか

 

そして自分が生きた証をどのように残していくのか

それが人生なのかなと僕は思っている

 

ていさんはそれを『世界に爪痕を残す』と表現していて

そのアプローチとして『映像制作』

 

ていさんの価値観に共感できるから先が見えなくて不安かもしれないけど、

ついていこうと思えちゃうのかもしれない


有言実行する大人の背中はカッコいい

そんな大人がたくさん増えていけば、子どももきっと真似をする

そうやって

ていさんは火を灯していくんだろうなぁ

 
リーズで一緒に作った作品↓

タイトルとURLをコピーしました