日本語力と英語力

Google翻訳はまだまだだなぁと思ってたけど、まだまだだったのは自分の日本語力でした。
 

 
先日、Goolge翻訳を使って英語の長文を和訳してみた時、想像以上に正確に翻訳されてびっくりしました。
 
あと数年もしたら、かなり正確な自動翻訳が完成しそうな予感がします。
 
だから最近はGoogle翻訳しやすいような文章を書く練習をしています。
翻訳しやすい文章ってどんな文章だろうと考えてみたら、やっぱり論理的な文章
 
 
ますます英語の勉強が必要なくなり、日常会話くらいができればいいのかなと思ったりします。
 
なので、備えるべきなのは自動翻訳が翻訳しやすいように論理的にきちんとした文章を話せたり、書くことなんじゃないかと。
つまり、日本語力の方が大切だと思います。
 
日本語で『スゴイ』と表現してしまうと、なんとなく伝わるかもしれませんが、翻訳すると伝わりません。
 
正確にGoogle翻訳されるためには『何が』『どのように』スゴイのかを明らかにする必要があるので、
言語化する訓練もできます。
 
深く物事を考えるときは、どうしても母国語の日本語の方が効率がいいです。
(帰国子女の子達は一体どうなんだろう。)
 
その深い思考を日本人以外に伝えるために、正確な日本語を使えることも必要だと思います。
 

「英語は話せた方がいい」
「英語なんて話せなくても大丈夫」

 
こんな日本語力と英語力の議論については、未だに決着がついてないけど、
テクノロジーが決着をつけてくれるのを期待してます。
 
英語をネイティブレベルまで上達させるよりも、日本語力を磨いた方がいいという個人的な意見です。
 
さらに言えば、日常会話程度レベルの言語を複数持つことも良いのかなと思います。
 
イギリスに留学中に感じたことは、拙い日本語でも話してくれる人の方が親近感が湧きます。
 
英語に限らず相手の母国語を話せることは、相手との距離を縮めることができる点で、有効だなぁと感じました。
 

タイトルとURLをコピーしました