大学ってなんやろね

”大学は行くべき”

”大学なんて意味ない”

 
どっちが正しいのか考えても分かんないので、
とりあえず大学で一番を取ってから考えてみようと思いました

 
大学生活の半分の過ごし方を僕はミスった
 

大学で必死こいて勉強してれば、

何か得られると思い込んで大学を2年間を過ごしていたわけで、

 

周りがバイトやらパチンコやらで大学に来なかったり、

授業中にトランプやってる中、

 

一番前の席に座り、手を挙げて発言していた

っていうのが大学2年の時

 
 

ちなみにこれは、当時20歳の誕生日
中学校の卒業アルバムから僕の写真を引っ張ってきて、
A4 36枚による手の凝った作品で僕を祝ってくれました (僕の表情から当時の感情を読み取っていただきたい)
 
どういうわけか、主役に対して「おっさん」の文字
もう一度言うが、これは僕の誕生日会だ、彼らは祝う気があるのだろうか
でも、毎年祝ってくれる優しい友達です、ありがとう
 
すっごい話が逸れました、すいません
 

僕が授業に真面目に取り組む表向きの理由としては、

「交換留学のためにいい成績を取る必要があったから」

だったけど、

 

何より自分を突き動かしたのは、

大学一年の後半にふと思った

『大学って意味あるのか?』っていう疑問だった

 

多くの人が、授業に出席しない理由は

「あること」(それがバイトだったり、遊びだったり)を授業と比較した時に、

授業の方が優先順位が低いからであって、

授業に行かないという行動 = 授業にそれほど価値がない

を意味するんじゃないかって思い始めました

 

事実、「大学って意味なくね?!」と口にする人が多かった

 

いや、そんなはずはない

そもそもまともに勉強してない彼らの言うことにまるで説得力がない

 
ってことでただ「大学って意味なくね?!」を確かめるために、
本気で大学で勉強をしてみようと決意しました
 
んで、本気でやりきってから、
果たして大学が意味あるのかを考えてみようと
 
その時にわかりやすい指標が欲しかったので、

『じゃあ、自分が大学でトップを取ってから考えよう』

という結論に

 

でも、大学は高校と違って自分の順位が出ないから困ったもんだ

考えた挙句、

GPA(大学の内申点で満点が4.0)を満点取れば、さすがにトップだろということで、

とりあえずGPA4.0を目標に設定
 

迎えた大学2年の前期、

結構勉強したが、GPA4.0は取れず、単純に勉強しても無理だなと思い、

効率よくGPAを取る方法を考えてました

 

「こうすればいけるんじゃね?」

そんな感じであれこれ試していたら、あっさり大学2年の後期にGPA4.0を取ることができました


 

確かに、満点だった時は結構自分でもびっくりしたけど、

「なるほどな」の方が大きかった

もう一回4.0を取れと言われても、おそらく取れる自信はあります

 

そんなこんなで、ようやく本題に入れるわけで

大学でトップに立ってから、ふと振り返ってみた

『自分は大学で何を得たのか』

 

…..

やっべ、何もねぇ!

やってしまった

 

この瞬間このままだと死ぬと悟ったので、

とにかく大学の外に出ないといけないと思い、

5分後に気仙沼にボランティアしに行くことを決めた

(ちなみに気仙沼での移動はヒッチハイク)

 

ただ、そこで外に出るのはいいけど、

自分は一体何者なのかを話せないといけないなぁってことで、自分の武器を探し始めたのがこの時からです

 

もしかして、大学で勉強してる間に

こっそりポケットに武器が入ってるんじゃないかと期待しつつ、

自分の武器を紙に書き出してみた

 

…負けず嫌い?!…..以上。

おい、嘘だろ

小学生の自己紹介じゃねぇんだよ

 

というわけで、

自分の武器を探すべく仲の良かった先生(専門はマーケティング)の元へ駆け込みました

 

僕「先生、俺このままだとやばいんで自分の武器探したいっす」

先生「脳科学マーケティングは?」

僕「響きかっこいいっすね」

 

ところがどっこい、僕は大学1年生の時に

興味本位で脳科学の授業を履修して、

しっかり勉強して、しっかり単位を落としていたという黒歴史を抱えています

 

周りが「フル単 ウェーイ」って言ってる中

「ちゃんと勉強したのに、単位を落とした」なんて口が裂けても言えない、言えるはずがない

実にダサい

 

そんな苦い経験があるので

脳科学マーケティングはパスしました

 

僕が難しそうな顔をしていたところに、先生が冗談半分に

「アートマーケティングはどう?」

「あ、先生それっすわ!」

バチッとくるものがあったので

そこから、僕は『アート』の方へ舵をきっていきました

 
そんなこんなで、その時からアートを武器にしようと考えました
(ちなみに、アートの「あ」の字もわかりません)
 
その時に立てた、僕の中での仮説は

『大学生が成長するには、学業と課外活動の2本の柱が必要』

 
とりあえず、「アート」を軸に課外活動とやらに焦点を当てて動き始めました (実は今はアートと全く関係ないことをやってます)
 
もうすぐ答えが出そうな(気がする)ので、答えが出たらまたブログに書きます

タイトルとURLをコピーしました