ミネルバ大学に行きます

1年後の進路決めました

リーズ大学で留学を終えたら、アメリカのミネルバ大学に入ることにします

※ちなみにまだ合格したとは一言も言ってません


 

そもそもミネルバ大学ってどこだよ

って人がいると思うのでざっくりと説明します

 

創立4というまだ新しい大学

なので、意外と日本語での情報が見つからなかったり….

 

生徒たちは1年ごとに海外の学生寮を転々としながらオンラインで授業を受講


この時点でもうだいぶ面白い
 

 1年目サンフランシスコ (米国)

 2年目ソウル (韓国)、ハイデラバード (インド)

 3年目ベルリン (ドイツ)、 ブエノスアイレス (アルゼンチン)

 4年目ロンドン (英国)、 台北 (台湾)

 

オンライン授業なら、別に新しくないじゃんって思いますが、

従来のオンライン授業は一方通行で、先生の講義を遠隔配信するだけだったのに対して、

 

ミネルバ大学は、最新のテクノロジーを用いて、少人数のセミナー式授業で行います

 

先生はモニターで生徒一人一人の顔や、行動をはっきりチェックすることができるので、生徒のやる気や理解度を把握することができる

 

 

だから、授業中に鼻ほじってたら一発でバレるわけですね

 

また個人の発言時間を自動的に計測し、発言量のバランスも見ながら講師がクラス進行することができる。

音声は自動筆記で即時にテキスト化されるのでフィードバックが早く確実。

凄まじいぞミネルバ大学

 

そうはいっても、

生徒同士のつながりが….グループワークが….

 

そこで解決策として出てくるのが、

全寮制

 

 

授業は午前中のみなので、

午後などにグループワークを行ったりできるため,その問題は解消されるわけです

 

校舎がないので、無駄な設備費がかからず、コスト削減しているため、

アメリカの大学に比べて学費が安い

って言っても生活費を含めて年間300万円以上するらしい

 

たっけ

 

それでも僕は死ぬほどミネルバ大学に行きたい

世界トップレベルの環境に身を置き、

もっと学びたい

 

化学とか数学とか英語とか経営学とかじゃなくて

もっと本質的なものをじっくりと学んでみたい

 

批判的思考や創造性、効果的なコミュニケーションだったり

ミネルバ大学ではそれが学べるらしい

 
 

ネットでミネルバ大学と調べると、

ハーバードより難易度が高いだとか、

合格率が1.9%だとか言われてますが、

 

実はミネルバ大学には定員がないので、

基準を満たしたら合格、満たさなかったら不合格

 

つまり、1.9%の数字はミネルバ大学の基準に満たした割合

そんなにビビらなくてもいいのかな、と楽観的に考えてます

 

が、闇雲に勉強しても

僕みたいな凡人はデコピンで弾かれるだけなので、

しっかり作戦を練っていこうと思います

 

今考えているのは

ミネルバ大学を考えてる学生が集まるプラットフォームを作ろうかなと

 

他人を蹴落として席を奪い合う必要はないので、

協力して有益な情報をシェアしながら、

切磋琢磨して勉強していったほうが効率がいいんじゃないかと考えてます

 

とりあえず、今のところ僕と友達の2人なので、

本気でミネルバ大学目指してる人僕に連絡ください

 

現時点での情報を惜しみなくシェアしますので!

 

ちなみに、ミネルバ大学を目指す人なんて、

大体変人で面白い人だと思うので

コミュニティとしてもなかなか良さそう

 
 

ということで、

現時点の自分にはいろいろ不足してるため、鬼のように勉強する必要が出てきました

 

今日をもちまして、華の留学ライフを終了します

おつかれした

タイトルとURLをコピーしました