思い出をモノからヒトへ

思い出をモノからヒトへ

最近こればっか考えてます

 

思い出をモノだけにすれば

その思い出は死んでいく

 

思い出がにあれば、

その思い出は育っていく

 
正確には、
思い出にする順番は先に『人』で、そのあと『モノ』なんじゃないかって…

 

最初に言っておきますが、

「思い出をモノにするのは良くない」

ということが言いたいわけではないんです

 
思い出をモノだけにしてしまうと (写真撮って帰るみたいな)
味噌がない味噌汁のような感じがしてならないです
(意訳:肝心なものが抜け落ちている)
 
 

また、『思い出が死んでいく』という表現は、

正確には「思い出が発展しない」の方が近いです

 

思い出が育っていくという表現に対して反対を意味する言葉として、

『思い出が死んでいく』という表現を使ってみたわけです

 
 

さて、旅行に行ったら何をしますか

  • 観光地を巡る
  • お土産を買う
  • 美味しいものを食べる

 

おそらくこれがメインだと思います

でも、これだけだと物足りない気がしてて

 

観光地を巡るのは、

言い換えると、答え合わせ (確認作業)のようなもので

 

例えば、『ピサの斜塔』

ネットやテレビでピサの斜塔を一度見た上で、

実際に足を運び、

「あぁ、やっぱり斜めってるわ」と確認する


 

そして、インスタで見るようなアングルで写真を撮って終了

この時の思い出は写真という『モノ』におさめてます

 

お土産を買うのはまさしく、そのまま思い出を『モノ』にしているわけで

金閣寺に行った時に、金閣寺キーホルダーを買うのもそうだし


 

ちなみに、友達に金閣寺キーホルダーをお土産として買っていくのは、

正直よく分からない

だって、その友達は金閣寺の思い出なんて全くないですし()

きっと数ヶ月も経てば、
引き出しの奥の方に挟まっているに違いありません
 

美味しいものを食べることに関して極論ですが、

どんなに美味しいものを食べても、

味とかって忘れちゃいますよね、だって人間だもの (みつ◯)

それが、たとえ写真という『モノ』におさめたとしても

 
つまり、その土地の思い出をモノだけにしてしまうと、
その続きを楽しめない
 

まだ抽象的な気がするので、それぞれを数直線で表すと

↓↓↓↓↓↓↓


 

じゃあ、思い出が人にある場合だと一体どうなるかというと、

 

とあるアートプロジェクトで韓国に行った時の話ですが、

そのプロジェクトを通して韓国人の友達ができました

 

初めて旅行先で、現地の友達ができたので、

僕の韓国の思い出は、その友達との間にあります

 

そして数ヶ月後、その友達が

たまたま東京にくる機会があり、

わざわざ名古屋にまで僕に会いにきてくれました

 

僕が名古屋を案内すると、帰り際にその子が

「また韓国来てね、次は私が案内してあげる!」

と言ってくれました

 

僕はその時「あぁ、これなんじゃないか」と思いました

 

今までの旅行が物足りなかったと感じた理由は、

旅行後に手元に残るのが

お土産と写真 (+α 数枚の現地通貨)

だけだったから

 

もっと言えば、

旅行というイベントの後の『続き』がなかったからだと

 

思い出をモノだけにしてしまったせいで、

そこからの発展がない

 

思い出を人にすることで、

旅行が一回限りのイベントにならないんじゃないかと

 
他にも、以前ブログ記事にも書いたんですが
先日イタリアとドイツへ行ってきました
 
僕のその土地での思い出は、その時にお世話になった人たちです
 
イタリアはミラノとベネチアに行ったんですが、(イタリア編はこちら)
「ベネチアでの思い出は?」と聞かれるとどうしても即答できないです
「穏やか」「なんかおしゃれ」としか言えないのが本音です
また行くかどうかと聞かれれば、観光という理由では行かない気がします
 
一方、ミラノは必ずもう一度行きます
 
でっかい大聖堂を見たいわけでも、
ショッピングがしたいわけでもなく、
ただお世話になったその方に会いに行くために行きます
 
ドイツも全く同じで、(ドイツ編はこちら)
 
ベルリンに行ったものの、実はベルリンの壁なんて見てません
僕のベルリンでの思い出は、めちゃくちゃお世話になった奈保さんです
 
その方たちが、イギリスに遊びに来たいと言えば、
喜んで歓迎したいと思います
 
そんなつながりが思い出になれば、
旅行はもっと面白くなるんじゃないかって思ってます
 
 

言い忘れてたんですが、

思い出が人にある上で、その人にちなんだモノとかは、

めちゃくちゃ意味があるものだと思います

 

これは僕がイタリア (ミラノ)に行った時に

一緒にサッカーしたトモキくんからもらったMILANOのラバーバンド


 

毎日右腕につけてます

 
 

ってな感じで、ぐだぐだ語ってきましたが以上が僕が考える、

『思い出論』でした

 
これはあくまで僕個人の意見なので、
テキトーに聞き流してください
 
お腹が空いたので、フィッシュ&チップスを食べに行ってきます
ではでは

タイトルとURLをコピーしました